まさかの映画化まで果たしてしまった
「ツレがうつになりまして。」
の完結編とも思える続編。

最早、うつだったころの緊迫感や
切実さは過去のことになりつつあり、
自然体での暮らしを楽しみ始めている
二人の生活には、微笑ましさを感じる。

ただ、それが漫画として面白いかは
全く別の問題で、
現在うつに悩まされている人は、
前の2冊、特に最初の一冊を
手に取る方がよいだろう。

個人的には最後の「ツレ」のあとがきだけは面白かった。

結局のところ、想像もしない未来を手に入れるのは、
何か行動を起こした人だけの特権なのだろう。

f:id:mangadake:20160201193945p:plain



7年目のツレがうつになりまして。

7年目のツレがうつになりまして。

  • 作者: 細川貂々
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2011/09/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 13回
  • この商品を含むブログ (15件) を見る